ホーム » 皮膚 » 顔の皮膚が薄い人の特徴とは?

顔の皮膚が薄い人の特徴とは?

顔の皮膚が薄い人の特徴は、乾燥しやすく、肌が弱いところです。顔の皮膚が薄い人は、キメが細かくて美しい肌になりやすいのですが、皮膚は外的刺激から守るバリア機能があるので、皮膚が薄い人は肌が敏感で健康な状態を維持しにくいデメリットがあります。
顔の皮膚が厚い人は、水分を蓄える細胞が多いので弾力のある肌なのですが、顔の皮膚が薄い人は、水分を蓄えにくく、ハリがありません。そうすると、シワやたるみがなくても、なんとなく不健康な印象になってしまいます。年齢とともに皮膚は薄くなっていくものですが、顔の皮膚が薄い人の特徴として、肌トラブルが起きやすいということが言えます。肌は年齢とともに細胞を生み出す力が弱くなり、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌に大事な成分がどんどん少なくなっていきます。顔の皮膚が薄い人は、皮膚が脆弱で、頼りない面が少なからずあります。顔の皮膚が薄いということは、バリア機能が、皮膚が厚い人に比べて弱いのです。活性酸素や紫外線などで細胞が傷つくと、顔の皮膚がより薄くなり、菲薄化を早めることになるので、十分注意しないといけません。

顔のたるみ予防